×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

0から始める、ネットで内職!


0から始める、ネットで内職!>暮しの節約情報!自動車保険の無料比較サイト

0から始める、ネットで内職! - 暮しの節約情報!自動車保険の無料比較サイト


自動車保険を見直そう

保険会社に勧められるままに契約されてしまう人が意外と多いのが自動車保険です。自動車保険の知識に自信がなかったり、見直しの仕方がわからない人が多いかもしれません。現在掛けている自動車保険を他のものとの詳しい比較をしないまま続けていませんか? 金融、保険の自由化以降、外資損害保険保険会社などの参入によって自動車保険の選択肢は以前に比べてますます拡がっています。長い期間利用していく自動車保険だからこそ、毎月の支払額が少しでも少なくなれば大きな節約が可能になります。

このページ「暮しの節約情報!自動車保険の無料比較サイト」では、無料で自動車保険の見積もり、比較、資料請求できるサイトを紹介しています。 ぜひ一度これらのサイトを利用して、現在掛けている自動車保険と比較してみましょう。大きな節約ができるかもしれません。


自動車保険を節約する方法(その1)運転者を限定する

自動車保険の保険料は、保険金の支払い対象者である運転者を限定すれば安くなります。たとえば運転者を家族に限定する「運転者家族限定割引」をつければ保険料は5%安くなります。 ほとんど他人に車を貸すことが無ければ、選んでおきたい割引です。

さらに運転者の年齢条件を限定すると、自動車保険の保険料はより節約できます。自動車保険の保険料は「年齢を問わず担保(担保=保険金の支払い対象)」がもっとも高く、次に「21歳未満不担保(不担保=保険金の支払い対象外)」、「26歳未満不担保」「30歳未満不担保」の順に安くなります。 ですから運転者の年齢をできるだけ限定すれば、自動車保険の保険料はより節約することができます。


自動車保険を節約する方法(その2)事故を起こさない

自動車保険の保険料は、運転者や車両などの事故を起こすであろう可能性に応じて決まります。つまり安全運転を常に心掛ければ、自然と保険料が安くなるわけです。 わかりやすい例が、ノンフリート等級です。最初は6等級からスタートしますが、1年間無事故であれば、1年ごとに1等級ずつ上がるようになっています。等級が高いほど自動車保険の保険料は安くなります。 しかし事故を起こして保険金を請求すると、等級は3つ下がります。5等級以下になれば割増になってしまいます。

また多く自動車保険会社では「ゴールド免許割引」があります。ですから自動車保険の保険料を節約しようと思ったら、事故を起こさないように安全運転に勤めましょう。


自動車保険を節約する方法(その3)安全装置つきの自動車を選ぶ

これから自動車の購入を検討されている場合でしたら、エアバッグやABS(アンチロックブレーキシステム)を装着した自動車を選びましょう。これらの安全装置のついた自動車にはそれぞれ「エアバック装備車割引」、「ABS割引」が適用されて自動車保険の保険料が節約できます。 なぜなら安全装置つきの自動車の場合、自動車保険会社はより重大な事故を起こしにくいと考えて、自動車保険の保険料をその分割り引くからです。


自動車保険を節約する方法(その4)自動車保険加入のコツ

自動車保険に初めて加入する場合、ノンフリート等級が6等級からスタートします。1年間無事故であれば、1年ごとに1等級ずつ上がるようになっています。 そして等級が上がれば、自動車保険の保険料はより割引されます。

ですから、最初の割引の無い6等級は自動車保険の条件をできるだけ限定することで保険料の節約ができます。たとえば、絶対にはずせない「対人無制限」は加入するとして、「対物」や「車両保険」は低く抑える、とか 一人で運転することが多いのであれば「搭乗者補償」は低くするとかで、最初の一年はできるだけ安全運転に心掛けます。無事無事故で等級が上がりましたら、保険料は去年と同一条件であれば安くなります。 その割引分で、気になる補償を増額させましょう。すると同じ保険料でより大きな補償が得られます。このようにして毎年ノンフリート等級を上げていけば、最初に自動車保険に加入した年より保険料はより安く、補償はより大きくすることが可能です。 やはり安全運転が、自動車保険を節約する一番の方法といえます。


暮しの節約情報!自動車保険の無料比較サイト


比較.comの自動車保険一括見積もり!【 無料! 】
比較.comでは、いろいろな商品やサービスの価格比較を行っています。複数の保険会社(ゼネラリ、チューリッヒ、ソニー損保、アクサダイレクト、三井ダイレクト)からあなたの条件に合った自動車保険を徹底比較できます。 気になる自動車保険を資料請求してじっくり比べてみましょう。

保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!
インズウェブでは、最大20社から自動車保険の見積りが一度に取り寄せられ、具体的に比較できます。 もちろん無料で利用できます。一括無料資料請求できるのは、損保ジャパン、三井住友海上、三井ダイレクト、あいおい損保、アクサダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、ゼネラリ、ソニー損保、チューリッヒ、全労災、日新火災、そんぽ24、エース保険、セコム損保、東京海上日動、ニッセイ同和、共栄火災、日本興亜損保、富士火災、AIU保険です。 今なら見積もりするだけで、NICOS商品券500円がもらえます(2006/03/31まで)

【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!
保険スクエアbang!は最大15社から、無料で自動車保険の一括資料請求できるサイトです。 資料請求できる生命保険会社はアメリカンホームダイレクト、アリコジャパン、AIU、ゼネラリ、セコム損保、全労災、ソニー損保、チューリッヒ、そんぽ24、東京海上日動、日本興亜損保、三井ダイレクト損保、あいおい損保、三井住友海上、富士火災、共栄火災です。

自動車保険は比較する!
『車買い取り実績No.1』ガリバーの自動車保険一括見積りサービスです。全11社(三井ダイレクト、ソニー損保、アクサダイレクト、ゼネラリ、アメリカンホームダイレクト、東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン、あいおい損保、チューリッヒ、日本興亜損保)の自動車保険を一括見積り請求できます。

一度の入力で最大20社の保険会社からお見積もり!
オートバイテル・ジャパンの自動車保険一括見積りサービスです。一括資料請求できる自動車保険会社は、損保ジャパン、三井住友海上、三井ダイレクト、アクサダイレクト、アメリカンホームダイレクト、ゼネラリ、ソニー損保、チューリッヒ、エース保険、そんぽ24、セコム損保、全労災、日新火災、あいおい損保などです。

カービュー
自動車情報の総合サイトカービューの自動車保険一括見積りなら一度の入力で最大9社の見積りを比較することが可能です。一括資料請求できる自動車保険会社は、三井住友海上、三井ダイレクト、アクサダイレクト、アメリカンホームダイレクト、ゼネラリ、ソニー損保、チューリッヒ、日本興亜損保、あいおい損保です。

【価格.com】で自動車保険を徹底比較!
日本最大級価格比較サイト価格.comの自動車保険比較ページです。自動車保険一括見積もりサービスのほか、各社の保険料金一覧比較表や、サービスの一覧表を備え、分かりにくい自動車保険が分かりやすくなるサイトです。一括資料請求できる自動車保険会社は、三井住友海上、三井ダイレクト、アクサダイレクト、アメリカンホームダイレクト、ゼネラリ、ソニー損保、チューリッヒ、日本興亜損保、あいおい損保、セコム損保です。

自動車保険、そろそろ満期では?
自動車保険ナビでは、チューリッヒ、三井ダイレクト損保、アメリカンホームダイレクト、そんぽ24の自動車保険を紹介しています。


0から始める、ネットで内職!>暮しの節約情報!自動車保険の無料比較サイト